ラインモバイルは子供におすすめ

ラインモバイルのおすすめは?

 

 

 

ラインモバイルはラインモバイルの端末SIM(シム)フリーまたはドコモの端末があれば利用することができます。

 

ラインモバイルの端末は1万円台からありかなりお求め安い値段のものからあります。

 

プランも500円から利用できるものもあり、500円のプランではラインアプリの通話やトークが使い放題ととってもお得です。

 

申し込みは、ウェブサイトや全国の家電量販店にあるで、気軽に申し込むことができます。

 

現在使用している電話番号を引き継いで乗り換えることができるMNPにも対応しています。

 

 

LINEモバイル

 

 

 

 

SIMフリーとは?

 

スマホには電話番号などの固有の識別情報が記録されたSIM(シム)という小さなICカードを入れないと使えません。

 

NTTやソフトバンクなどの各携帯会社は、このSIM(シム)にロックを掛けて他の会社では使えないようにしていて、ユーザーを囲い込んでいます。

 

各携帯会社ごとに実質0円などのキャンペーンをやっているので、契約したユーザーが簡単に他社に移られては困るのです。

 

SIM(シム)フリーはこのロックがされていない端末のことで、ラインモバイルや楽天モバイルなど好きな通信事業者のプランを契約できます。

 

ドコモの端末の場合、ラインモバイルと提携しているのでSIM(シム)ロックを解除しないでそのまま使うことができます。

 

 

 

ラインモバイルの特徴的なサービスとは?

 

 

 

ラインモバイルのサービスとして特徴的なのは、「ラインフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」と「ミュージックプラス」の3つのフリープランがあることです。

 

ラインフリープランは広告の前面に出ている500円のプランで、ラインが使い放題となります。

 

コミュニケーションフリープランは、定番のコミュニケーションツール、ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムのデータ消費量が0になり使い放題となります。

 

ミュージックプラスプランは、コミュニケーションフリープランの内容にラインミュージックの使い放題がプラスされたもので、音楽好きにはたまらないサービスとなっています。

 

「ギガ」といわれている月間データ容量を合わせて購入しますが、インターネットやユーチューブの見過ぎでデータ量がなくなっても、使い放題の対象となっているサービスは高速のまま快適に使用できます。

 

その他にもラインの友達に自分のデータ容量をプレゼントするなんてこともできます。

 

 

 

 

子供にスマホを持たせるならラインモバイル!

 

 

 

最近では親の苦労も知らずに小学生でもスマホを持ち歩いていますよね。

 

毎月1万円近くも払わなければいけないスマホを子供に持たせるなんて大変ですよね。兄弟がいたら相当な金額になってしまいます。

 

そういう私も耐え忍んで、子供にスマホを持たせていますが、よく見ているとほとんどラインしか使っていないことに気づきます。

 

また学校には持っていけないので検索したり、ユーチューブを見たりするのは家のWi-Fi環境の下でやるのでギガはほとんど必要ありません。

 

そう考えると子供にスマホを持たせるなら、値段の安いラインモバイルで十分なのではないでしょうか。

 

子供にスマホなんて贅沢だと私も思いますが、コミュニケーションツールとして使っているようなので、仲間外れにならないように、できれば持たせてあげたいと思っています。

 

他にも、子供がどこにいるのか分かるようにすることもできますので便利ですよ。

 

 

LINEモバイル